皆様のおかげで、S/Fシリーズ導入企業2100社以上、鉄骨CAD導入企業1500社以上(2014年5月)

otoiawase

過去に頂いたご質問

    • 利用可能です。
      より設計事務所に特化したシステム作りは、これから検討していく予定です。

    • 鉄骨部分は使用可能ですが、取合いの形状など対応していないところがあると思います。

    • 入力は可能です。
      ただし、対応していない鋼材材種や構造もありますのでお問い合わせください。

    • 複数台のご導入は可能です。

    • CADデータであれば、入力支援ソフトで読み取り出来ます。

    • 3D-DWGはソリッドで作成しています。

    • DXF、DWG(2013)のファイル作図が可能です。
      Viewcadへは、DXFファイルを読み込む方法となります。

    • 入力支援システムで、実寸法師図面(DXF)を読み込んでREAL4の配置データに変換後、
      干渉チェックや3Dで出力することが可能です。

    • 可能です。
      構造データの読込みとして SS3,ST-Bridge に対応しています。
      鉄骨図~汎用CAD修正部分が REAL4になります。

    • 構造データの読み込みとして、SS3,ST-Bridgeに対応しています。
      設備CADとのスリーブ連携として、『設備-鉄骨梁スリーブ連携中間ファイル』に対応しています。CADWe'll Tfas、Rebro 等と連携できます。
      出力は、3D-DWG(ソリッドモデル)、 IFC に対応しています。

    • 使用方法は、似ていると思います。
      軸組み工法であれば適していると思いますが、
      取合い部分はCAD編集が必要になると思います。
      壁、建具等の構造図には対応していません。

    • Liner2工事データーでは本体データーまでの変換に対応しています。
      Liner2データに不備がある場合(接続情報が不整など)、
      変換後の配置入力画面起動時にエラーになる場合があります。
      仕口設定は変換されませんので、変換後に再度設定が必要です。
      マスターについては、REAL4のマスターにない種類・設定は変換されません。

    • 入力支援システムで、DXFデータの取り込みは可能です。
      その他には、DWG、JWWにも対応しています。
      ※PDF対応については、お問い合わせください。

    • 現在、入力は未対応です。

    • IFCの出力は、2×3形式です。

    • はい、可能です。
      母屋、胴縁の一次加工図、加工図を作図します。

    • はい、寄せ棟などのガセットを型紙として出力可能です。

    • 入力自体はある程度出来そうです。
      出力に必要な図面などのサンプルを頂けるとより具体的なお返事が出来ると思います。

    • 切断孔あけ加工指示書として、出力します。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional